美術品の総合コンサルタント

画廊 <近代絵画(日本画・洋画)・掛軸>

0120-77-6238

受付時間:10:00~18:30

会社概要 個人情報保護方針 お問い合わせ

トップ > 表玄からのお知らせ > 帝国劇場の美術品をガイド案内

表玄からのお知らせ

帝国劇場の美術品をガイド案内


 

 

 

◆帝国劇場の美術品のツアーガイドを務めました

12月13日に開催されたオープンシティー丸の内のツアー企画で、東京アート&ライブ

シティでも共同参加している㈱東宝さんから帝国劇場の美術品、装飾品について

解説していただきたいとのご依頼があり、約20名のツアー参加者に、「新制作派協会美術

と建築」についてガイド役を務めて参りました。

 

帝劇の芸術作品には数々のエピソードが残され、高度経済成長期の勢いのある時代の

近代美術の象徴的な作品です。新制作派協会にも所属していた設計家谷口吉郎のもと

猪熊弦一郎(ステンドガラス)、脇田和(タペストリー)、本郷新(彫刻)らが内装

の意匠を担当し1966年に開館しました。

創建からすでに50年以上が経過し、同様の設計内装の建物であったお隣の東京會舘も

新しいビルになり、由緒のあった建物がどんどん無機質な高層ビルに変わっています。

 その中でも、帝国劇場が当時のままの姿を残し、現在でも多くの 観客を魅了する

建物として存在することは、建築、芸術学的にも非常に有意義なものと 思われます。

時代の変化で忘れ去られつつある昭和の文化遺産を後世に継承していく事も大切な

使命のようにも感じました。

こうしたツアーや見学会を介して、帝劇の良さを多くの方に知っていただける機会

今後も 大切にサポートしてまいりたいと思います。 <金子>

 

—————————————————————————————————

他にも毎月様々な催しの企画がありますので、ぜひご覧になってみて下さい。

『 OPEN CITY MARUNOUCHI』 <https://opencitymarunouchi.jp/>

 

>主旨

日本随一のオフィス街として発展してきた大手町・丸の内・有楽町地区は今、

ビジネスの枠を超えてアート・建築・食・歴史・地域創生など様々な価値が交差し

息づく街として発展を続けています。この街が人々により開かれ、進化を続けていく

ために、本イベントでは普段は入れないスポットも開放し、いつもとは違った

その姿を体感していただけます。

>パートナー企業

第一生命
大成建設株式会社
帝国劇場
株式会社東京會舘
株式会社東京国際フォーラム
日本工業倶楽部
日本郵便株式会社
丸の内熱供給株式会社
株式会社三菱地所設計・三菱地所株式会社・三菱地所プロパティマネジメント株式会社
株式会社読売新聞東京本社
アスコット丸の内東京
Good Design Marunouch
ザ・ペニンシュラ東京
シービーアールイー株式会社(CBRE)
公益財団法人彫刻の森芸術文化財団
東京ステーションホテル
三菱地所プロパティマネジメント株式会社
株式会社三菱地所設計
エノテカ

>後援団体

千代田区 / 一般社団法人 千代田区観光協会 / 認定特定非営利活動法人 日本都市計画家協会
公益社団法人 日本都市計画学会 / 一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会

—————————————————————————————————